投稿者「8mtg5r9h」のアーカイブ

【中古・新築戸建ての固定資産税】計算方法や支払時期

新築の一戸建てと中古の一戸建て、これらの固定資産税の額は異なるといわれているけれども、その計算方法はどのようにして決まるのだろうか、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

一戸建てを所有し続ける限り毎年払い続ける税金が固定資産税ですから、把握しておきたい部分です。こちらでは、中古と新築での固定資産税と計算方法、そして支払時期などについて解説していきます。

同じ土地面積の一戸建ては新築の方が高い?

一戸建ては土地と建物がセットになっている住宅、マンションと比べると土地の面積が広いので固定資産税の金額も大きくなりがちです。

また、中古住宅よりも新築住宅の方が固定資産税と呼ぶ税金は高くなるといわれているけれどもこれは建物部分の税金が築年数を経過することで価額が低くなるために生じるものです。

一戸建ての固定資産税の計算方法では、土地と建物をそれぞれ個別に計算して二つを合計する形になります。土地に課税される固定資産税を計算するためには土地の評価額を算出する必要があるのですが、評価額は土地の面積に路線価をかけることで求めることができます。

さらに、固定資産税の標準税率の1.4%を評価額にかけることで概算を計算することが可能です。建物部分は新築から中古へと変化する中で経年劣化が生じることから個人で計算することは困難です。

建物は本体だけでなく設備なども評価額に含まれること、設備は経年劣化が起きる部分ですから掲載が難しいことが分かるのではないでしょうか。

固定資産税の支払時期と払えないときの対処法

固定資産税は、1月1日時点で一戸建てなどの不動産を所有している人が支払う税金です。そのため、不動産を取得した翌年に役所から納税通知書が4月から6月の間に郵送され支払いがスタートすることになります。

ちなみに、中古住宅を購入した場合は、売主側が固定資産税を支払っているので支払い済については要相談の形になります。主な支払時期は4回に分かれていて、第1期は4月で第2期は7月、第3期は12月で第4期は翌年の2月です。

仮に、7月の第2期分を売主が納めていて7月の半ばに中古住宅を購入したときには日割りで固定資産税分を売主側に支払うこともありますが、これは基本的に契約段階での交渉で決まります。

なお、固定資産税の支払いが困難になってしまうなどのケースもゼロではありませんが、この場合は住まいの住所を管轄している役所に相談することが大切、一定要件を満たすと納税の猶予を貰える制度があります。

新築よりも中古の方が安い固定資産税のまとめ

固定資産税は、不動産などの固定資産を所有している人に課税される税金です。一戸建てなどの場合は、所有していることで毎年課税され続くけれども、設備などの経年劣化が理由で新築よりも中古住宅の方が安くなります。

なお、固定資産税は納税通知書が届く4月から6月にかけて支払いがスタート、4回に分けて分割して納めます。

中古住宅を購入する際にかかる税金とは?「不動産取得税」と軽減特例を解説

不動産取得税とは高額な資産を手に入れるので、お金を十分に保有しているとみなされて、税金が要求されるのです。計算式で土地と建物の評価額から算出するもので自分でおおよその見当が付きます。中古の戸建てを購入すると軽減特例もあるのです。

中古戸建てを購入の購入時の不動産取得税について

中古建てを購入した際の不動産取得税は、比較的安くなります。計算式があり、評価額の半分の価値で産出されます。中古建てなので評価額が低いことが一般的です。また、取得税の計算方法もシンプルな計算式のため自分で計算することが出来ます。

土地の評価額も影響があり、評価額に影響するため注意が必要なのです。税金の支払いは受け身で問題がなく、購入手続きをすると購入時の不動産取得税の請求が自治体から来ますのでそれに基づいて対応すればよいです。

しかし、そのまま支払うと損をすることがあり軽減特例があれば、請求額から所定の手続きを踏めば税金が減額されます。購入時の不動産取得税を自分で軽減特例があるかどうか判断ができない場合、行政書士や会計士やコンサルタントに相談すると確実です。

インターネットで調べると簡単にアドバイスされているものもあるので参考になるのです。戸建ての税金は自分でアクションをとることが重要となります。

中古戸建ての軽減特例の事例紹介

中古建ての軽減特例はいくつかパターンがあるので、知っておくと所定の手続きをするとゼロになったりすることがあるのです。まずは中古取得のきっかけで、災害や自然災害がきっかけとなる購入事例となります。例えば、土砂災害で家を全壊してしまって、新たな住まいが必要となった場合です。

つぎに、そもそもの中古戸建てを購入してすぐに災害に見舞われた事例も該当します。最後に、自治体の要請で、土地の区画整理や新たな建物を建てる際に立ち退きを農政された場合です。例えば、道路や鉄道を建設するのに、買取要請に対応したことがあります。

自治体によっての軽減特例の場合もあるので、役所などで聞いてみると明らかになるのです。自治体が持つ保有物件や土地が絡んでいる場合に軽減を受けることが出来ます。この場合の取得税の計算方法は、税率が低く設定されておりわかりやすくなっているのです。場合によってはゼロになる場合もあります。

中古建てを取得した場合の税金と軽減

中古建てを取得すると取得税が要求されます。書類が届くのでそれに基づいて納税するのですが、軽減特例に該当すれば申請が必要です。自治体に確認して疑って行動することが重要となります。取得税の計算方法はシンプルです。

一戸建て税金は毎年いくら?税金の種類と軽減措置・支払い時期を紹介

一戸建てを所有している人が毎年支払う必要があるのが、各種の税金です。ここでは、一戸建てを所有している人のために、所有者が支払わなければいけない税金の種類や支払いの時期、軽減措置などについてご紹介します。

一戸建てを所有している人が支払う税金の種類

一戸建てを所有している人が毎年支払う必要がある税金は、人によって種類に違いがあります。1種類の税金だけを納めれば良い場合もあれば、複数の税金を納める必要がある場合もあります。一戸建てが建てられている場所によって、納めなければいけない税金の数が違ってきます。

どのような場所に建てられている一戸建ての所有者でも必ず納める必要があるのは、固定資産税という税金です。これは固定資産を所有している人に毎年課せられる税金です。ただし、固定資産を所有していても、年の途中から所有を始めた人には固定資産税は課せられません。

固定資産税は、毎年1月1日の時点で固定資産を所有しているかどうかで、納税義務があるかどうか判定される税金です。

その一方で、一戸建ての所有者は都市計画税という税金もあわせて納めなければいけない場合もあります。都市計画税の支払いが必要となるのは、市街化区域に建てられている一戸建てを所有している人です。

一戸建てにかかる税金を支払う時期と軽減措置

一戸建てを所有している人に課せられる税金は、納税しなければいけない時期が毎年決められています。固定資産税は全額を一度の納付するのではなく、総額の4分の1にあたる金額を分納して支払うのが一般的な方法です。

4回に分けて納税をするのは、固定資産税は人によって非常に高額になることもあるため、一括払いが難しいことも多いからです。

具体的な支払い時期は市町村によって違いがありますが、6月・9月・12月・2月の各月に支払い時期がある自治体が多くなっています。都市計画税を一緒に課税される人は、固定資産税を納める時に一緒に都市計画税も支払う必要があります。

支払わなければいけない税金を安くしたい場合には軽減措置を利用することもでき、200平方メートル以下の広さの土地に住宅用の建物が建っている場合には、固定資産税と都市計画税を軽減できる制度を利用できます。この制度を利用すれば、固定資産税は税額が6分の1になり、都市計画税は税額が3分の1になります。

場所によって違いがある一戸建てに課せられる税金の数

一戸建てを所有している人が毎年支払う必要がある税金に関する情報についてご紹介してきました。どのような税金が課せられるかは、一戸建てが建てられている場所によっても違いがあります。

戸建ての固定資産税の平均額はいくら?固定資産税の仕組や安くする方法

不動産を所有すると毎年固定資産税と呼ぶ税金を納める、これは一戸建てやマンション、土地など全ての不動産を所有している人に課税されるものです。

一般的に、更地よりも建物が建築されている方が固定資産税は安くなるといわれているのですが他にも安くする方法はないだろうか、このような悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。ここでは、一戸建ての固定資産税の仕組みや平均額、安くする方法などについて解説していきます。

そもそも固定資産税とは?固定資産税の仕組みについて

固定資産税は1月1日時点で、法務局内で管理している登記簿上の所有者に対して課税される税金の一つです。毎年納めなければならないけれども、これは国民の義務だからと通知書通りに納め続けている人は多いといえます。

固定資産税の仕組みは、土地および家屋に課せられる地方税や決定方法、毎年変動するもの、都市計画税が必要ケースもあるなどそれぞれについて理解が必要です。

固定資産税は地方税の一つで、一戸建て住宅などの固定資産に課せられる税金ですが駐車場などの場合も土地に対して固定資産税が課税されることになります。

固定資産税の決定方法は、家屋および土地の評価額で決まるのですが土地部分については固定資産税評価額、建物部分は新築時の調査で評価が決まるなどの特徴を持ちます。

税金には変動制のものがあるのですが固定資産税も変動制の性質を持ちますし、評価額で決定するのが固定資産税であり評価額は変動するなどの理由から税額も変化するわけです。

固定資産税の平均額や安くする方法について

固定資産税の平均額は、物件種別により異なります。一戸建ての場合は地域や建物の構造、設備の種類などにより変わるので明確な平均はないけれども、10万円から12万円前後が平均的な相場です。

ちなみに、一戸建ての脳風額はマンションと比べても高額になりがちですが、その理由は土地の価格が変化するためです。

マンションよりも一戸建ては土地面積そのものが大きいなどの理由から、固定資産税の負担額が大きくなる特に地価が高い都市部は地方と比べても負担額は大きくなります。マンションの場合は8万円から10万円、これは敷地が区分所有であり土地の負担が小さくなることから分かる部分です。

固定資産税などからも、税額は固定のイメージになるけれども家屋調査を慎重に行うことや減税措置を活用する、固定資産税に納得できない場合は再調査を依頼する、これらの方法で安くすることができるケースもあります。

再調査は市町村に対して申し出を行う形になりますが、再調査を行って正しい金額が判明、減税となったことから払い過ぎたお金が戻るケースもあるようです。

固定資産税は役所や税理士に相談しよう

固定資産税は新築のときに家屋調査で金額が決まるといいますが、評価額は調査員が行うことからヒューマンエラーが起きることもゼロではありません。

現在納税している固定資産税が適切なものではないのでは、このような疑問が生じたときには再調査の依頼もおすすめですし税理士などに相談することで解決できるケースもあるようです。

【戸建て住宅の売却相場と査定額】査定の流れと相場の調べ方や査定方法を解説

不動産などの戸建てを売却する場合、正確な査定を行ってもらってなるべく高額で売却できるように進めていく必要があります。このためには、まず査定の流れや種類を理解して正しい選択できるように準備をしておかなくてはいけません。

不動産で利用される2種類の査定方法

一般的に、不動産査定では2種類の査定方法から業者が選択していきます。原価法と取引事例比較法というものがあって、このうちでも特に好まれているのが取引事例比較法です。これは、過去の戸建てなどの取引事例を参考に現在の不動産の価格を精査していく方法です。

例えば、見かけ上で全く同じ外観や内装を持っている戸建てがあるとします。この場合、それぞれの基準で全く査定金額が異なると不公平感が生じますし、不動産市場にも悪影響が生じる可能性が高いです。

こういったことにならないように、過去に実際に行われた事例を参考にして現在の査定金額を求めるのが取引事例比較法です。

客観的にも信用できてわかりやすいので、主にこれが利用されます。他にも、収益還元法というものがあるのですがこれに関しては収益物件、つまり投資用の物件で利用されることが大半なので通常の不動産売買とはあまり関係ないことを知っておきましょう。

自分で相場を調べる方法を知っておこう

不動産会社に相談をする場合、査定の流れは複数の会社に依頼するのが基本です。1社限定で査定を行うと、実際の不動産市場の相場を把握することができなくなるからです。まずは、複数の会社で相談をしておいて、そこから最も高額にかつ安心して取引を進められる選択をするのが査定の流れの基本です。

しかし、こういった方法を利用するとデメリットもあります。複数の会社から一斉に電話がかかってしまって面倒になったり、複数の会社が軒並み安い相場で提示してくる可能性もないとはいえません。そこで、自分で相場を調べる方法を理解しておくことです。

これは、取引事例比較法を用いれば簡単にできます。取引事例比較法では、戸建てに用いられる土地価格がわかれば客観的な金額を求めやすいからです。WEB上で売りに出されている物件を参考にして価格をみることもできますので、自分で相場を調べることでより安心して取引を進められます。

知識を得てリサーチをきちんと行おう

2種類の査定方法を利用すれば、相場を自分で調べることは十分に可能です。全てを専門会社に任せるのではなく、自分でも本当にその査定が正しいかどうかをリサーチできるだけの知識を得ることが大切です。

中古戸建て売却は査定依頼から!不動産の査定方法や計算方法

中古戸建ての売却において特に気掛かりとなるのが、売却価格ではないでしょうか。また、査定結果はどのようにして導き出されるのかも気になるところです。加えて、不動産会社ごとで査定価格が違う理由についても見ていきましょう。

中古戸建て物件の価値を判断する3つの査定方法

不動産の査定方法には種類がありますが、中でも代表的な3つの査定方法として、取引事例比較法と原価法、収益還元法が挙げられます。

取引事例比較法は、査定対象の中古戸建てと、似た条件の物件売却事例をもとに価値を導き出す方法です。無論、単に過去の例に倣うだけでなく、時期や立地の違い、物件の個性なども踏まえて判断します。

原価法は、築年数を軸に減価修正を行い価値を判断する方法です。新たに建築をする場合の価格が基準となり、試算価格を求めていきます。

収益還元法は、将来に期待できるであろう収益をベースに、不動産を評価するやり方です。個人所有の中古戸建ての場合、取引事例比較法と原価法が用いられるのがスタンダードです。

価値を導き出す計算方法も設けられており、式に当てはめ査定価格を算出していきます。物件の売りやすさを判断するための、流動性比率を求める計算方法もあり、基準の1.00を上回れば売りやすいと判断され査定価格も上がりやすいです。

不動産会社によって査定価格が違う理由

紹介をした3つの査定方法および計算方法により価値を算出することが多いですが、ただ、依頼する不動産会社によって査定結果が異なることもままあるのです。各不動産会社で査定価格が違う理由のひとつは、比較対象とする物件が異なるからです。

取引事例比較法において、比較をする物件に相違があれば当然、評価額も違った結果になり得ますので、1社の査定結果だけを鵜のみにしてしまうのは要注意です。

不動産会社の戦略的事情によっても評価額は違ってきます。昨今ではインターネットで数社の査定を比較してから売るという方法をとられることが増えていますが、売り手に選択をしてもらうために高めの査定結果を示すケースも中には存在するのです。

できるだけ高く売りたいオーナーの心理をついたもので、それゆえに他社と比較をして金額が良い不動産会社が現れることもあります。しかし提示価格がそのまま売却価格になるわけではありませんので、金額の良さだけで選ぶのは注意が必要とも言えます。

不動産会社は丁寧に選び出すことが大切

中古戸建ての価値は、複数の査定方法により導き出されることが分かりました。そして不動産会社によって価値の付け方が異なる場合もあるわけですが、その点を踏まえ、より高く正確に評価をしてくれる相談先を選び出すようにしましょう。

戸建ての査定が無料でできる?査定サイトを利用する注意点と必要書類

戸建てを売るときの第一歩は、不動産会社による査定を受けることです。どの不動産会社に依頼しても、査定は無料で行うことができます。ただし、だからといってむやみに知らない会社に査定を依頼するのは危険です。査定額は、依頼する不動産会社によって全く異なります。

無料であっても軽い気持ちでではなく、きちんと理解してから受けるようにしましょう。この記事では、不動産査定が無料の理由や無料査定の利用時3つの注意点、査定の流れと必要書類について解説していきます。

戸建ての査定が無料の理由とは何か

戸建ての売却時の査定は、どの不動産会社に依頼したとしても無料で行えます。無料と聞くと怪しいのではないかと不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。ですが、決してそんなことはなく、無料の理由はれっきとしたものがあるのです。

不動産会社の基本的な業務は売買のサポートであり、買い主探しも行います。そのためにはまず、売却を依頼してもらう必要があるということです。つまり、依頼がなければ仕事が成り立たず、報酬を受け取ることができないということです。

不動産会社は査定を無料で受けてもらうことによって、「この価格で売却してもらえるのであればこの会社に売却を依頼しよう。」と考えてくれる人が出てきてくれるという効果を狙っています。

不動産会社は営業の一環として無料で査定を行っているため、無料査定を利用することは決して怪しいことでもなければ、遠慮する必要も一切ありません。私たちは、安心して査定を受けて大丈夫なのです。

無料査定の利用時3つの注意点と査定の流れと必要書類

無料査定の利用時3つの注意点をご紹介します。まず1つ目が、多数の良い会社と提携しているかどうかという点です。なぜなら、良質な不動産会社との提携を多数行っていないと良い不動産会社とは出会うことが不可能だからです。

2つ目は、不動産会社の審査体制に注意です。査定を依頼した不動産会社からしつこく営業をされることを不安に思っている方もいるでしょう。

確かに商売であるため、どこの会社に依頼をしても勧誘はされてしまいます。ですが、あまりにも過度に営業してくる会社もあるためきちんと見極める必要があるということです。

そして3つ目が、個人情報の取り扱いについてです。これは、インターネットで査定を受ける場合は特に注意しましょう。査定を依頼する際には、個人情報の入力を余儀なくされてしまいます。そのため、個人情報の保護対策が万全かであるかどうかをきちんと確認しておきましょう。

続いて査定の流れと必要書類は以下の通りです。まず、基本情報を入力します。すると売却に最適な不動産会社がピックアップされるため、そこから査定結果を比較していきます。

最終的な不動産会社を選んで媒介契約を結べば完了です。その時には、住宅ローンの残高がわかる書類とリフォームや修繕などの内容がわかる書類の2つの必要書類を用意しておきましょう。

インターネットを活用した無料査定も

いかがでしたか。なお、最近ではインターネットを利用して査定額を知ることができるサイトも出てきています。住所などの基本情報を入力するだけで、即時に査定額を知ることができます。複数の不動産会社を比較したうえで、安心して査定を依頼できるとよいでしょう。

中古住宅を売る際の注意点!査定に影響するポイントとは?や売却の流れと注意点を解説

新築も人が住むことで中古住宅になる、住み替えや買い替えなどで中古住宅査定を利用するケースも多いといえましょう。

ここでは、査定額に影響するポイントには何があるのか中古住宅査定の流れと注意点、実際に売却活動のサポート役を担ってくれる不動産会社の見分け方など中古住宅を売るときに役立つ情報を解説していきます。

中古住宅査定で査定額に影響するポイント

中古住宅査定を利用する人なら少しでも高値でなどのように考えるケースは多いといえますが、査定額に影響するポイントには何があるのかこれを知っているのと知らないのでは中古住宅査定の金額も大きく変わることもあります。

新築と中古は人が住んだことがあるのか否かで決まるのですが、売れ残っている住宅の中では築年数が2年以内なら新築、これを超えると中古住宅になるといいます。

査定額に影響するポイントには築年数や耐震基準、間取りや立地環境、劣化具合や設備、周辺環境に近隣住民など他にもマイナス要因になりやすい事故物件や大手メーカーによる施工、リフォームやリノベーションの有無など数えきれない項目が存在します。

間取りなどの場合は、購入する側の家族構成などによっても変わりますが、トイレが2階にもある住宅などは家族が少ない家庭でも人気がありますし、立地においても日当たり環境が良い方が査定額は高くなります。

不動産会社の見分け方や査定の流れと注意点

一般的に不動産会社に売却を依頼するとなったとき、売却する物件の種別や対応エリアなど不動産会社の見分け方を押さえておくことが大切です。

大手の方が実績があるようなイメージだけれども、特定エリアの場合は中小の方がフットワークが良かったり地域に密着している営業スタイルを持っている不動産会社などでは該当エリアで中古住宅を探しているお客さんを多く抱えていたり、そのようなお客さんが希望する物件と売却する中古住宅が一致すれば直ぐに売れる可能性も高くなるわけです。

不動産会社の見分け方は、中古住宅査定を依頼する中で把握することができるので、一括査定サイトなどを使って見積もりの依頼をしてから直ぐに回答をくれたり、見積もりについてもフォローや細かな説明を専門用語をなるべく使わずに丁寧に行う、質問してその場で回答ができないような内容でも直ぐに調べて教えてくれるなどフットワークが良いところを利用するのがおすすめです。

また、査定の流れと注意点の中では1社だけで決めないこと、必ず数社に査定の依頼を行い比較した上で媒介契約を結ぶなども流れと注意点に含まれる部分です。

査定額に影響するポイントは様々

中古住宅の査定を依頼するとき、築年数や耐震基準などは査定額に影響を与える部分です。しかし、設備が新しくなっていたり立地環境が良いなどデメリットになりやすい部分を打ち消せるようなものがあれば査定額への期待は高まります。

【一戸建て売却査定】不動産売却は査定から!査定方法と不動産会社の選び方を解説

一戸建ての売却を検討している場合は、事前の準備が大切です。売却までの期間は余裕を持って設定し、適切な時期に査定を依頼します。査定依頼前の準備では、不動産会社選びと査定方法の確認も重要になります。売却までの全体の流れを確認して、注意点を把握しながら手続きを進めます。

査定依頼前の準備で大切なポイントを確認

査定依頼前の準備では、不動産会社の選択が重要なポイントになります。最初に希望価格を決めますが、希望価格を決めるには相場を知る必要があります。自宅周辺の売出物件を調べて相場を把握していれば、実際の交渉でも役立ちます。

一戸建ての売却では様々な書類が必要になるので、不備がないように早めに準備します。一戸建ての売却に必要な準備が整ったら、不動産会社選びに移ります。不動産の売却では、特に不動産会社選びが重要なポイントになります。査定内容に問題があり市場と異なる価格で売り出すと、売却期間が長くなる可能性があります。

相場よりも安い価格で売ってしまうリスクもあるため、査定方法は特に大切です。豊富な取引実績を持つ会社の方が、安心して査定を受けられます。条件に合う不動産会社が見つかったら、査定方法を確認してから依頼します。一戸建ての査定方法には様々な方法があり、特徴も異なります。

査定で売却価格を決め次のステップに進む

査定方法は訪問査定と机上査定に分類されますが、日本では訪問査定が多いです。訪問査定では、実際に現地を調査してから査定額を出します。査定時には、一戸建てを売却する目的や希望条件を担当者に伝えます。担当者は売主が出した条件を踏まえて、様々な売却戦略を提案します。

一戸建ては土地と建物に分け、担当者が丁寧に調査を行います。建物は築年数や外装、内装に加えて破損状況も調べます。土地は面積や形状、立地条件だけでなく隣接している道路も調査します。建物部分は原価法で計算し、土地の部分は取引事例比較法を用いて不動産価格を決めます。

査定で一戸建ての売却価格が決まったら、戦略を立てて売却活動を行います。売却活動を不動産会社に依頼して、媒介契約を締結します。媒介契約には3種類の契約方法があり、売主が自由に選択できます。

一般媒介契約の場合は、売主が販売活動を依頼して連絡を行います。媒介契約のメリットを持つ専任媒介契約だと、手厚いサポートを受けられます。

大切なポイントを確認してから一戸建てを売却

事前に大切なポイントを確認してから売却活動を進めると、理想の形で一戸建てを売却しやすくなります。実績やサービス内容、査定の精度を調べて条件に合う不動産会社を選択すれば様々なサポートを受けながら一戸建てを売却できます。

【不動産査定ガイド】自宅を売る時は査定から!売却の流れと基礎知識

人生の節目や家族構成の変化などに伴い、これまでの暮らし方では難しくなることがあります。今まで住んでいた自宅が必要でなくなり売却を考えるのではないでしょうか。初めての自宅売却で押さえておきたい事を解説します。

査定を依頼する前に相場を調べる

自宅の売却を考えたときに、まず何から始めれば良いのか悩みます。突然不動産会社に押しかけて、営業マンやスタッフの言うがままに進めて満足な結果が得られるかというとそうではありません。全てを任せっきりにして、売却後に不満が出てしまったところで契約を取り消すというのは難しいでしょう。

そのようなことのないように自宅を売却する際は、事前に自分のできる範囲で大体の相場を調べることが大切です。相場を調べるためには、不動産会社のWEBサイトや不動産一括査定サイト、不動産の新聞折り込み広告やポストに投函されるチラシなどを閲覧すると良いでしょう。

大体の相場が把握できたところで、査定を依頼しますが依頼先が1社だけだと適正価格であるかが分かりにくいことも。複数の業者に依頼して、提示された査定額を比較して検討するとよりリアルな相場が見えてきます。金額だけで選ばずに信頼できる不動産会社を選ぶことも大切です。

自宅売却の流れと売却に必要な書類

査定額に納得できれば自宅売却へと動き出します。売却の流れへ進む前に、スムーズなやり取りを行うためにも、必要な書類を事前に準備しておく必要があります。不動産を所有して登記が済んだら入手する登記済権利証、毎年税務署より送付される固定資産税通知書、印鑑証明や身分証明書などが必要です。

必要な書類がそろったらいよいよ売却へ。売却の流れは査定後に査定価格に納得ができた不動産会社に依頼し媒介契約を締結します。その後不動産会社は物件の販売活動を始めます。内覧の希望があった場合、対応をしなければなりませんので購買意欲を損なわないよう、ある程度家の片付けを行っておきたいもの。

購入希望者が現れれば媒介契約へ進み、決済、引き渡しが行われます。家の売却が済んだら無事に売れて良かったと安心してしまいますが、利益が出た場合は確定申告を忘れないように行い納税する必要がある点は覚えておくと良いでしょう。

自宅売却には不動産会社選びが大切です

自宅売却はなかなか一人でするのは難しく、不動産会社を通して行われます、そのため売却結果の良し悪しを決めるのも不動産会社次第ということになります。信頼できるのかきちんと見極めることが必要です。