投稿者「8mtg5r9h」のアーカイブ

不動産の価格査定を依頼する前に!査定の方法と必要書類を解説

マイホームの住み替えや転勤にともなう引っ越しなど、不動産の売却が必要になってくるシーンは少なからずあります。この場合の売主としての関心事は、やはりいくらで不動産が売れるのかということでしょう。その具体的な値段を知る上で重宝するのが不動産価格査定です。

不動産価格査定は査定の方法による種類が

ひとくちに不動産価格査定とはいっても、実は査定の方法によって大きくふたつの種類に分かれます。机上査定は物件の床面積や所在地、築年数などのデータから机上で妥当な価格を見積もる方法です。依頼してすぐに結果がわかるため便利ですが、その結果の正確性はあまり高くはないおそれがあります。

いっぽう訪問査定というのは、実際に不動産会社のスタッフが現地訪問して詳細に価格を見積もる方法です。本気で不動産売却を検討するのであれば、やはり訪問査定の方法を選ぶべきでしょう。こうした査定に必要な書類としては、とりあえず建物の図面と登記簿謄本が挙げられます。

ほかにも必要な書類として地積測量図や法務局の公図などを要求される場合があります。もちろん築年数が古い物件を売却する場合には、これらの必要な書類がすでに手元には存在していない可能性もあります。

その場合であっても管轄の法務局に出向いて請求をすれば、新築当時に提出された書類が保管されていることが少なくはありません。

訪問査定のチェック点と査定価格

不動産会社による訪問査定のチェック点はいくつかありますが、まず挙げられるのは建物の状態です。外壁をはじめ室内の床や柱などの建築構造の劣化、床の傾斜などの度合いを確認して、建物の資産価値を判断します。

室内の内装や設備ももちろん訪問査定のチェック点のひとつであり、特にキッチンやバスルームなどの水回りは劣化が進みやすい部分であり、リフォームをするにも費用がかかりますので、大きく資産価値を左右する場合があります。

ほかにも日照や騒音、近隣トラブルなどの周辺環境も、訪問査定のチェック点となっており、これらは机上査定ではなかなかわからない要素であるともいえます。もちろん築年数や建物の間取りの問題、太陽光発電や長期優良住宅認定などの付加価値があるかどうかも加味されます。

これらをトータルで判断した上で査定価格が決まりますが、不動産会社によって重視するポイントは異なりますので、同じ物件であっても金額に差がつく場合も少なくはありません。

査定の方法や必要な書類を知って活用を

このように査定の方法には机上査定と訪問査定といった種類があり、スピード重視なら机上査定ですが、本格的に売却を検討するならやはり訪問査定がベストです。査定にあたり必要な書類をあらかじめ用意しておくとスムーズに進めることができます。

【一戸建て査定】査定を依頼する前に査定ポイントを知っておこう

一戸建て住宅に住んでいる方が、売却をしようと考えているならば、査定を受ける前には金額に大きく影響するポイントを把握することは良い結果を生み出せます。何も知らずに査定を受けてしまうと、知らぬ間に損をしてしまう可能性があるので、不動産会社を選ぶ前にできることはやっておくとお得になります。

一戸建て住宅の査定前に確認しておくべきポイント

一戸建て住宅を売却する際には、査定を受ける前にいくつもの金額に大きく影響するポイントを確認すると高く売却できる可能性はあります。ポイントの中には当然ながら築年数と間取り、建物の状態などは重要視され、日当たりの良さや窓の位置によって異なる風通しなどを確認されることは一般的です。

他にも騒音問題の発生しない環境や、周囲に便利に買い物ができる小売店があること、近隣住民とのトラブルの有無なども該当します。このポイントは基本的には変えることができない内容になりますが、他にも手を加えることで解決できるポイントはあります。

例えば敷地内に雑草が多く生えている場合は草刈りの他、除草剤を撒く方法もあり、駐車スペースの地面や外塀、外壁に汚れが目立っている場合では、家庭用の高圧洗浄機で洗い流しておくことも大切なポイントです。

室内空間でも同じように清掃作業を行って、特に水回りの設備に対しては徹底的に汚れを落とすことは好印象を与えるものなので実践してから査定を受けることは推奨できます。

一戸建て住宅の査定で相場とかかる費用を調べる方法

売却をしたい一戸建て住宅を所有している場合、金額に大きく影響するポイントがあるのでチェックは必要ですが、同時に相場とかかる費用を調べることも行っておくと損をしない売却に成功できます。

大金を費やしてリフォームをする必要性はありませんが、古い住宅の場合では破損している部分を見つけることができるので、低料金で修復できるような内容では、ホームセンターで材料を購入して補修しておく方法も使えます。

相場とかかる費用を調べる方法は、インターネットを有効活用する方法があり、中古住宅の販売に特化したサイトから、同じような条件で絞り込んでから価格を確認する方法は有効です。

不動産売却では常に近隣の同等の物件を調査する方法が行われているので、後は不動産会社を選ぶ際に一戸建て住宅に精通している会社であれば問題はありません。不動産会社を選ぶことはかなり重要なポイントになるので、判断で迷った際には一括査定サイトを利用すると誠実な不動産会社と巡り会える可能性が高まります。

一戸建て住宅の査定ポイントと不動産会社の探し方

一戸建て住宅を売る場合は、プラスになる査定のポイントを確認することで少しの手間で高く売れる状態にすることは不可能ではありません。依頼をする不動産会社選びでは、一括査定サイトを利用する方法であれば悪質な会社に引っ掛かってしまうことも無くなります。

戸建ての査定ポイントとは?査定額の決まり方と決まるまでの流れを解説

戸建ての査定額の決まり方を知っておくと、様々な事前の対処を行うことでその査定額を上げることができる可能性があります。その決まり方に注意をするとともに、全体の流れを把握し、査定に備えることが大切なポイントです。

戸建ての査定額の決まり方に注意

戸建ての査定額は、基本的には原価法と言う考え方で決まります。原価法とは、その不動産を再度購入する場合の原価を求め、これに対して経年変化による影響を考慮して差し引かれたの氷を査定額とする方法です。そのため戸建ての場合には築年数が経過していないものの方が高額となり、古い住宅ほど安くなる傾向があります。

また、査定の流れにも注意をすることが大切です。一般的には住宅そのものを確認した後、その周辺の状況を確認することになるので、これに対して不具合が生じないよう事前に対処をしておくことも必要となります。

補修をすることができる部分は行っておくことで、修繕費用等が加算されることになるため、より高い金額を引き出せることになっています。さらに壁紙やフローリングの劣化状況なども影響するため、この点にも注意が必要です。この査定額の決まり方を意識することで、より高い査定額を引き出すことができます。

戸建ての査定の評価ポイントを知る

戸建ての査定の評価ポイントは、基本的には住宅の築年数と状態ですが、その他にも様々な評価ポイントがあるためこの点にも十分に注意をしなければなりません。特に周辺の状況は非常に大きな要因となるため、この点にも注意が必要です。

一般的に周辺の土地相場は査定額に大きな影響を及ぼし、戸建ての住宅そのものの評価にも影響することが多いものです。そのため事前にその状況を確認しておくと、自分自身である程度の査定額を予測することができます。

しかし日常的な管理の方法や、周辺との関連性などにも隠れた評価ポイントがあることを忘れてはなりません。隣との境界が明確でなかったり、境界付近に越境してものが置いてある場合などは、隣とのトラブルを誘発する危険性があると多くの不動産会社は判断してしまうものです。

可能であれば事前に境界を明確にし、また散乱しているものがある場合には査定前に片付けるなど、事前の対処を行うことが必要となります。

戸建ての査定は流れと査定ポイントを知ることが重要

戸建ての査定を受ける場合には、その流れと査定ポイントを知ることが大切です。これを知っておくことで必要な事前の準備を行うことができ、より高い査定額を引き出すことにつながります。

周辺の相場の問題は自分自身では対処できないと諦めてしまうものですが、それでも様々な改善ポイントが存在しているので、これを適切に認識し確実に対処しておくことが良い査定を引き出すために重要です。

【家の査定】家の査定依頼をする前に相場を知っておこう!相場の調べ方と高く売る方法

家の査定は、正しい方法で行わないと大きな損失に繋がります。専門家に任せる方法もありますが、自分で確認して相場を理解しておくことも大切です。まずは、相場を調べる方法を確認して正確な家の査定を把握できるようにしておきましょう。

家の査定前に相場を調べる方法とそのメリット

家の査定を自分で行う方法には、有効な手段があります。代表的なものでは、公的に提供されているWEBサービスを利用することです。不動産に関しては、国から売買価格の一般的な相場を確認するためのサービスが提供されています。

公的にも約束されているサイトであるため非常に利用しやすく、初心者でもわかりやすいです。例えば、レインズマーケットインフォメーションはその典型です。国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営していますので、とても信用性が高いです。

また、こうした相場を調べる方法のメリットは正しい相場を把握しやすいことにあります。客観的にも正確な相場を理解できれば、仮にその後に不動産会社などで査定をしてもらったときに適正価格よりも高いか安いかの判断ができるためです。

信頼できる不動産会社を見つけられるメリットも生まれますので、事前に自分で家の査定を行って専門家に任せれば効率的に取引を進められるようになります。

相場を調べる時の注意点と相場の考え方の違い

高く売る方法で最も簡単なのは、相場を会社から出してもらって最も高いところを選択することです。ただ、相場を調べる時の注意点として売り出し価格と成約価格が異なるという課題が存在します。これは、特に戸建てで多く見られる現象です。

戸建ては、平均値をみても過去10年で成約価格が売り出し価格の80%程度になってしまうことが多いです。成約価格のベースで相場を出してもらわないと、最終的に売主が損をする可能性があるため気を付けなくてはいけません。また、高く売る方法で重要なのが家の保証や安全性です。

実際に、戸建ての場合は瑕疵担保保険があるだけでも価格に違いが生まれます。基本的に、物件は築年数が経過することで価格が落ちていきます。

こういった価格の下落を避けるためには、安全性の高い保証のある物件であることを証明する必要があります。高く売る方法として、初心者でもこういった保証を付けることは比較的容易な手段だといえます。

現実的に高く売るための準備をしよう

想定と実際の価格に違いが生まれる可能性があるのが、相場を調べる時の注意点です。ただ、保険や複数の会社への査定で相場を高くできる方法もあります。必ず、高く売るための準備をしておいて理想的な価格に収まるようにしておきましょう。

【相続した不動産を買取で売却】買取成約までの流れと相場を調べる時の注意点

遺産相続した不動産を遺産分割や相続税の捻出のために売らなければならない時があります。この場合不動産業による買取を選択することもあるでしょう。ここでは買取で売却するときの注意点、買取成約までの流れ、売却する時の注意点を紹介します。

不動産を売却する時の注意点について

相続した不動産売却する時の注意点がいくつかあります。まず相続登記が必要になるんです。相続登記していなければ不動産を売ることが出来ません。小規模宅地の特例が適用されるか、確認することが大事です。適応されると相続した自宅と土地の評価額が80%減額されるのです。

一億円の物件も2千万円になるので相続税がかからなくなるのです。不動産の現状を適切に調査することも大事です。隣の家屋との境界線はどこか、測量の記録があるか、もしないならば確定測量などの必要もあります。

相続した不動産を買取によって売却したあと、利益が出て課税譲渡所得がプラスになると、その所得に応じた譲渡所得税と住民税の納税義務が発生することも心得ておかなければなりません。

不動産売却はこうした事前の下調べとともに、必要書類もしっかり揃えて不動産業者に依頼しないといけないことも十分理解しておきましょう。この段取りが遅れると、売却も遅れてしまいます。

買取成約までの流れと買取で売却するときの注意点

相続した不動産を買取で売る場合の流れは、遺産分割協議書の作成、不動産の相続登記、査定業者の選定となります。次いで買取金額査定、決定物件引き渡し条件の確認に、売買契約書の締結と入金と引き渡しとなるんです。

買取で売ると、不動産会社が査定額で即時買取してくれるので、遺産分割を急ぐ人に取って歯や区現金化できて非常にありがたい買い取り方法と言えます。さらに仲介手数料もかからないので、コストを安く抑えて売ることもできるのです。

契約不適合責任の免責があるので、少々瑕疵があったり、古い土地建物でも買取ってもらえるのです。だが注意点がいくつかあります。それは再販の際に買い手がつかないだろうと思われるような不動産は、買い取りであっても断られることが稀にあります。

そして買取は市場相場の二割から五割程度安く買い叩かれるケースがほとんどなのです。これは再販の時に不動産会社がリフォーム代などをねん出しなければならないからです。

買取で売却するときの注意点と買取成約までの流れ

買取は仲介と比較しても、流れが簡単であまり時間を要しません。現金化が早いので不動産の遺産分割に最適な売り方です。だが売却するにあたって注意点があります。それは仲介と違って買取額が安く、市場相場の二割から五割程度安く買い叩かれます。

不動産売却でリフォームはしちゃダメ!費用の回収は絶対に無理

マンションなどの不動産を売却しようと考えている方が結構いるかと思います。使用していないのであれば、売却してお金に換えた方が良いです。使用していないのに保有していると、余計なコストを払い続けることになります。

現状のまま売却することが望ましい

不動産をスムーズに売却するためにリフォームを考えている方がいるはずです。リフォームのメリットは、問題点を改善して住みたいと思ってもらえる可能性が高いです。

古いマンションだとなかなか買い手が見つからないことがありますが、お風呂やトイレ、キッチンなどを最近のニーズに合わせてリフォームをすれば、短期間で売却が決まることが多いと評価できます。

しかし、リフォームするにはかなりの費用がかかってしまうので、決して良い選択ではないです。フルでリフォームした場合、1000万円近くかかってしまうケースが少なくありません。

簡単な補修をしたり、汚れを綺麗にするなどのお金がほとんどかからないことは行うべきですが、大金をかけてリフォームするのはナンセンスです。少しでも早く売却したい考えは理解できますが、不動産の売却を早く決めるために余計な出費をかけてしまうと後悔する結果になるので注意してください。

費用以上の価格になることは少ない

リフォームをするメリットだけでなく、デメリットについても認識しておくべきです。デメリットは費用を回収することができないことです。大金をかけてリフォームをしても、そこまで高い価格にはなりません。早期に売却を決めることに加えて、売却価格を高くする目的でリフォームを行う方が多いはずです。

特に1000万以下のマンションだと、無駄な出費になる可能性が高いのでよく考えて決める必要があります。1000万以下のマンションはリフォームにかかった費用以上で売却することは不可能です。それよりも信頼できる不動産会社を見つけることが大事です。

いくつもの不動産会社に見積もりを依頼して比較してください。少しでも高く売却したいなら、見積もりは必須です。また、実際に利用した人の意見も参考にすることをおすすめします。実際に利用してみないと分からないことがあるので、かなり参考になる情報が得られます。

余計な出費はできるだけ抑えよう

リフォームはメリットとデメリットの両方があるので、しっかり理解しておくべきです。1000万以下のマンションはできるだけ余計なお金はかけない方が、結果的に上手くいく可能性が高いです。

【不動産 売却】マンション売却を失敗しないためには?売却の流れから会社選び・売却活動中の注意点まで徹底解説

マンションの売却を成功させるためには、準備段階と不動産会社選び、売却活動中のそれぞれにおいて、注意するべきポイントが存在しています。ここでは、準備段階の注意点と不動産会社を選ぶ際の注意点、売却活動中の注意点に的を絞って解説を行ないます。

不動産売却を始める際に注意する点

マンションを売却する際には、予め注意しておくべきポイントが幾つか存在しています。準備段階の注意点には、必要書類を揃えることが挙げられるでしょう。不動産売却を進めるにあたっては、購入時の状態や価格の確認を行なうことと、残債の有無を確認することが欠かせません。

マンション購入時の資料が手元にある場合には、前もって準備しておいた方が良いでしょう。購入した時の価格や、当時の状態との違いを明確にする必要があるからです。書類を揃えることが出来た場合には、不動産会社を選ぶ際の注意点を意識していきましょう。

マンションを売却するにあたっては、仲介を用いて買い手を探すパターンと、不動産会社に直接買い取ってもらう方法が存在しています。

どちらの方法を用いるかの決定と、高額査定を見込める不動産会社を選んでいくことが大切です。インターネット上にある、不動産売却に関する比較サイトを使い、適切な会社を選んでいくことを心がけましょう。

売却活動中に注意するべきポイント

マンションの売却を、仲介を用いての買い手探しにより実施した場合には、売却活動中の注意点を気にかける必要が生じていきます。住み替え時期の検討を行っていた場合には、成約に至る時期が決まっていることも珍しくありません。

マンション売却を依頼した会社によっては、イメージ通りの時期に成約を遂げられないことも有り得ます。集客力が弱かったり、独自のネットワークを保持していなかったりする際には、買い手探しが予定以上に長くなることも有り得るものです。

思うように買い手が見つからない場合には、販売価格を下げてみたり、老朽化部分の改修を試みたりすることも大切です。周辺物件との条件面での差があることが、成約を妨げている可能性があるからです。

物件の販売価格を変えたり、老朽箇所の改修を行ったりしても、成約に結びつかない場合には、不動産会社に直接買い取ってもらうのも一つの方法となるでしょう。不動産会社を選ぶ際の注意点同様、売却活動中の注意点を意識しておくことも、スムーズな売却を実現させるためには、欠かせない事項となるのです。

不動産売却を成功させるためには注意点の把握が必要

マンションのような、高額物件を売却する際には、幾つかの注意点を意識する必要があります。準備段階の注意点や不動産会社を選ぶ際の注意点、売却活動中の注意点をそれぞれ意識しておくことが大切です。

投資用ワンルームマンションの売却方法を徹底解説

投資用ワンルームを購入したものの、運用しきれずに売却する人も多いといわれています。不動産は、できるだけ高く売ることも大切ですが、高く売るためには売り時・タイミングを見極めることも大事です。

ここからは、投資用ワンルームを高く売るためのコツや売却の流れと期間などについて考えていきます。不動産売却でお悩みがある人も目を通してください。

マンションの価格相場を知っておこう

投資用ワンルームマンションを購入したものの、売却を考えている人もいるのではないでしょうか。高く売るためには売り時・タイミングを間違わないことも大事です。そして、適正な価格で売るためには相場を知っておくことも大切です。

まずは近隣の同じようなマンションがどれぐらいの価格で販売されているのかを調べておきましょう。査定は、不動産会社に依頼することもできますが、このときは一社だけではなく複数社で比較してみることがおすすめです。不動産会社ごとに査定額は違いますので、少しでも良い価格をつけてくれる業者を選びたいところです。

それから、入居者の需要が高いマンションは売れやすい傾向にあるので、強みもアピールしてみましょう。駅から近い、防犯対策がしっかりとしていることや水回りの設備が良いことなどは良いアピールポイントです。

売り時・タイミングを外さないためには、売却の実績が豊富な業者を選ぶことも大事ですので、評判も良く調べておくようにします。

売却にはどれぐらいの期間が必要なのか

マンションの中でも比較的手頃な価格で購入できるワンルームは売れやすいといわれています。マンションは維持費もかかりますので、投資用ワンルームを売り出すのなら、できるだけ早く売れるほうが良いといえます。売却の流れと期間についても知っておきたいところですが、期間は3か月から半年程度は必要と考えておきましょう。

売却の流れと期間の関係では、まずは売り出す前には査定や不動産会社選びをしなくてはなりません。早ければ数日でも決まりますが、数週間程度かかることも珍しくありません。それか売り出し中は売却活動や内覧対応なども行うことになります。

築年数や立地などの条件によっても、売却までの期間は変わりますし、不動産業者がどれだけ販売に力を入れてくれるかでも結果は変わってきます。不動産会社に直接買い取ってもらう買取なら早く現金化はできますが、売却価格は大幅に安くなります。時間はかかっても良い、し越しでも高く売りたい人は、仲介を選びたいところです。

信頼できる業者を選ぶことが大切

投資用ワンルームの売却を成功させるなら、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。業者がどれぐらい販売に力を入れるかでも、売却までの期間は変わってきます。査定額も業者ごとに差がありますので、複数社で比較することもおすすめです。

不動産売却は会社選びが肝!不動産会社の選び方と注意点を解説

同じように見える不動産会社でも様々な部分に違いが発生しているので、冷静に判断しなくてはいけないです。そこで不動産会社の選び方を紹介するだけではなく、会社を選ぶ時の注意点などを解説していきます。不動産売却を考えていて、どのような選び方をすればいいのか迷っている人は最適な会社を見つけられるチャンスです。

スタッフの質と取引実績に注目する不動産会社の選び方

不動産会社の選び方で優秀なスタッフが多く在籍していれば、不動産売却をスピーディーに実施してくれる可能性が高まります。どのようなスタッフがいるのか各々の不動産会社で違っていて、中には時間がかかってしまう場合があります。

せっかく不動産売却の依頼を検討しているにも関わらず、何時まで経っても取引が完了しないと不安を感じやすいです。そのような状況を避けるため、優秀なスタッフが多く在籍している不動産会社を選べば、安心して任せることができます。

また取引実績が多い不動産会社は、これまでに多くの不動産売却を行っている可能性が高いです。初めて不動産売却を検討している人もトラブルに巻き込まれることなく、満足できる結果を得られる確率が高まります。

不動産会社を選ぶ時の注意点で、著しく取引実績が少ない場合は何かの理由によって敬遠されている場合があります。取引実績に注目していき、安心して不動産売却を選べるのか判断しなくてはいけないです。

選び方で提供しているサービスに比較する

似ているような不動産会社でも提供しているサービスが違っているので、気を付けないといけません。これも不動産会社を選ぶ時の注意点で、あまりにもサービスが少ないところは安心して任せられない恐れが出てきます。業者を選ぶサービスには、どのようなものがあるのか徹底的にチェックすることが必要です。

業者を選ぶサービスをチェックする際、不動産会社のホームページや資料を確認するのがポイントです。貴重な情報がいくつも記載されているため、どのようなサービスを行っているのか判断できます。それでも分からない場合は、不動産会社に電話やメールで直接問い合わせを行い、提供しているサービスを知ることが重要です。

特に難しくはないのですが色んな不動産会社をチェックするので、時間がかかります。業者を選ぶサービスの中でもアフターフォローやトラブル対応を確認していき、望んでいる結果を出せる不動産会社を見つけることが大切です。

慎重に判断することが求められる不動産会社

選び方は特に難しくなく、スタッフや取引実績の他に不動産会社が提供するサービスなどをチェックすることで優秀なところなのか判断できます。そのためにも徹底的にチェックしないといけないため、ある程度時間や期間を確保した中、慎重に見極めることが必要です。

不動産売却時に課税される?3種類の税金と節税対策を解説

不動産を売却した時に利益が発生すれば、他の所得と同様に利益に応じた税金が課税されます。ここでは利益に対して課される3種類の税金と、課税額及び節税対策について見ていきます。所有される物件の見直しや、税額の計算についても考えていく必要があります。

不動産を売却した時に課せられる3種類の税金とは

不動産の売却を考え契約が成立した際に、まず課されるのが印紙税になります。売買契約書に記された金額に応じた印紙の貼付が求められており、この契約書は売主と買主の双方が一通ずつ保管します。その両方の契約書に同額の印紙の貼付必須で、通常は両者がそれぞれの印紙代の支払いを行うのです。

この印紙税額は国税庁が定めており、その一覧表は公開されているので簡単に確認できます。次に課税されるのが物件の売却時に発生した、利益額に対して課税される譲渡所得税です。この譲渡所得額は譲渡した価額から、物件の取得費と譲渡にかかる費用を差し引いて計算されるのです。

譲渡総額がプラスになっていれば、譲渡利益が発生したことになりその価額が課税対象額です。逆にマイナスの場合は損失額となりますので、課税対象からは外れます。この売却益に一定の利率を乗じた金額が、所得税額となり分離課税のため確定申告が必要です。

同様に復興特別所得税も売却益に利率を乗じ、算出された金額を納税する義務が発生します。しかし、所有期間5年以上と5年以下では税率が異なり、また特例と軽減と軽減措置もありますので納付する税額は確定していません。

所有期間5年以上と5年以下の税率等による税額の相違

所有していた不動産を自宅として使用していた場合、所有期間5年以上と5年以下の税率には大きな差があります。5年以下の物件と5年以上の物件を比較した場合、その税率には倍近い差が出ます。売却を考えられる場合には、この所有期間をも充分に考慮しその時期を決めるべきです。

他にも税額が控除される特例と軽減措置もあり、居住用財産であれば3千万円もの税額が控除される制度もあるのです。マイホームの買い替えや、空き家の譲渡に係る税額控除の特例もあるのでよく確認しましょう。このような各種制度が適用になるかを、見逃す事無く申告をしなければならないのです。

ただ、間違えやすい考え方に、所有期間の計算の仕方があります。仮に物件の取得日が2015年の10月10日であって、売却日が2020年の10月10日であったとします。これであれば普通に考えれば、5年以上所有していたことになると考えがちです。

しかし、税法上では売却した年度の、翌年の1月1日を売却日として認定されます。従って売却日を2020年10月10日で申告してしまうと、所有期間は4年と判断されてしまうのです。このような事もありますので、諸制度の詳細も確認してから申告しなければなりません。

3種類の税金の節税のために為すべき事

納付しなければならない税金とは分かっていても、節税はしたいと考えるのが一般的だと言えます。そのためにも税率が大きく異なってしまう制度や、控除を受けられる特例と軽減措置を良く知っておく必要があります。個人で全てを行うのではなく、仲介会社等が入っているのであれば見逃しが無いように依頼すべきです。